フォト
無料ブログはココログ

« お宮参り 6/29 | トップページ | 保育器のお世話に… »

2013年7月17日 (水)

ふみくん誕生の道のり

『ふみくん誕生sign01

…を振り返りますhappy01
(いきなりでスミマセンsweat02

4月24日→健診

エコーを見たところ、頭が…肩が…出ないかもsweat01
ってなわけでレントゲンで確認することに。

先生 『…頭は出るんだけど…
          胸がつっかえるかもしれないから帝王切開にしましょう』

翌日の入院決定hospital

自然分娩って、頭が出ればスルッと出てくるのかと思いきやcoldsweats02
胸がつっかえるなんてsweat02

なんて豊満な胸なんでしょうconfident

4月25日

→入院

AM9:30   入院手続き
          ↓
        麻酔科の先生より説明
          ↓
        病室へ案内
          ↓→→→術後は浮腫むので指輪を旦那さんへ
        NST(ノンストレステスト)→40分位

PM12:00  昼食

PM13:00  主治医からの説明

PM14:20~ NST
                    ↓
        薬剤師さんの説明
        手術立ち会いの看護師さんの説明

PM16:00  剃毛


PM16:45  看護師さんからの手術の説明

PM18:00  夕食

PM18:30 入浴

PM19:00 NST→一時間半くらい



その後は特にすることもなく暇~~


お腹の中のタロちゃんは、いつもと変わらない動きで
まだまだ、出る気はなさそうだった…


…が、夜中の二時ごろ、お腹の痛みで目が覚めたbearing


下剤が効いたか~~と思いながら、もよおすのをジッと待つ。



…待つ…待つ…待つ…痛い…もよおさない…待つ…


うっかり寝てしまい…また、痛みで目が覚める…の繰り返し。


時計を見る…度々、10分くらいで痛みが…んsign02



も…もしや…陣痛か…


思わずナースコールを押す。


NST開始…結果、さらに様子見と言われる…


さらに二時間経過…ナースコールを押す。


NST開始…結果、さらに様子見と言われる…


4月26日→手術当日


夜中からの痛みはやっぱり陣痛だったらしく、
昼1時からの手術が12時からに前倒しになった。


時間の決定が11時半だったため、
家族が到着と同時に手術に向かうことになった。


陣痛に耐えながらの麻酔…どっちも痛かった…


手術前の先生からのお言葉

『陣痛も経験で来てよかったね』
『結果的にはどっちにしても今日、
 産まれるんだったんだね』
『出産するのに、この曲でいい?
 …出産っぽくないよね』(Whiteberryの夏祭りが流れる中)

着々と作業が進み、あの瞬間がhappy02


『あっ』…と声が聞こえたけど…あれ…

その瞬間『あは~~ん、あは~~ん』とふみくん誕生crying

3,340グラムの男の子です。

涙がボロボロ出ちゃいました。

最初の『あっ』は、出たけど、胸がつっかえたらしいですcoldsweats01
先生曰く、陣痛が来て自然分娩を選んでいても、
手術は避けられなかった…とのこと。


『元気な男の子ですよ~』
『大きな声じゃねぇ~』
『もう少しで会えるよ~』


と言われ待つことしばし…

ふみくん…元気じゃないらしくチラ見だけさせてもらったら、
チャッチャと、どこかに連れていかれました…weep


その後、ふみくんは新生児室で旦那さんとご対面し、
写真を撮ってもらっていました…うらやましい…


その日の夕方に、看護師さんに頼んで
ふみくんの写メを撮って来てもらいました。
じっくり見る、初ふみくんです。


実は、義母は病院にいる間に、
親戚中に写メを送信していたことが実母の証言で発覚。
紫野より先に、親戚がじっくり顔を見ていました…。


ふみくんは、その日から保育器のお世話になるのです…。 

« お宮参り 6/29 | トップページ | 保育器のお世話に… »

マタニティー日記2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578013/57772514

この記事へのトラックバック一覧です: ふみくん誕生の道のり:

« お宮参り 6/29 | トップページ | 保育器のお世話に… »