フォト
無料ブログはココログ

妊娠日記(過去分)

2010年12月27日 (月)

保険適用

『妊娠日記(過去分)』の最後に、流産について書きました。


もう一つお知らせがflair


あの日から半年経った時、お母さん(旦那さんの)から、
『流産した人が、知り合いの娘さんにいて、その人が、
保険の請求をして保険金がおりたんだって・・・』


そんなこともあるんだ~と思って、久々にプランニングアドバイザーさんに
連絡したら、流産手術も保険の適用になるって。

病気の手術ではなかったので、まさか、保険金がおりるとはcoldsweats02

流産ってことを言いにくかったんだけど(思い出しちゃうから口にしたくなかったし)
でも、不妊治療の足しになればいいかなって思って・・・言ってよかったconfident


意外に知らない人もいるみたいで(私も含めて)
同じ時期に流産してしまった後輩にも話したら、早速、手続きしたみたい。


キレイごとを言うと、お金なんて・・・って思うんだけど、
『治療頑張ってね』ってあの子が言ってくれてるんじゃないかって都合のいい
解釈してみました。

もし、悲しい結果になった人で、保険請求してない人がいたら、
早速、担当者さんか保険会社に直接問い合わせるといいですよsign03


今日は、あの子の月命日なので、いつものお地蔵さんのところに行きました。
お地蔵さんにあの子のことをお願いしているので安心です。

2010年10月20日 (水)

手術当日のこと

2010.10.26

稽留流産の手術当日・・・私のおなかは、何にも起こってなくて・・・なのに手術って・・・

昨夜9時からの飲食禁止で今日を迎えた。

子宮を広げる管を通す
痛くはないけど、おなかを押されて苦しい・・・チクっとするにぶい痛み・・・
15分ほどで終了。

手術は二時間後に始まる・・・

30分前に手術室に入り点滴。
この産婦人科には、高校時代の同級生がいて、ずっと付き添ってくれた。
だから、泣けなかったのもあったのかも・・・

手術の時間ピッタリに先生が。

なんか、時間ピッタリに進んでいくのが当たり前なんだけど、それが怖かった・・・

点滴の中に麻酔を入れた・・・っていうか、先生は始めようとしてるのに間に合うの~!?

・・・・・間に合った・・・・すぐ効いてきた・・・
すぐに、胸が熱くなってきて息苦しい感じがした・・・
体中が熱くなってきた・・・目を開けたら眩暈のようにクラクラしてきた・・・
目を閉じてないと気分が悪くなってきた・・・

手術は始っていた・・・
麻酔は効いてるけど、感覚は分かる・・・てっきり、眠ってしまうのかと思っていた。

吸引を三回くらいしたのか・・・ゴーゴー音が聞こえた・・・
悲しくても、涙は出なかった・・・

時折、『うぅ~』って痛む感じがした・・・生理痛のひどい感じ・・・
麻酔のおかげで、そのくらいで済んだんだと思う。

全身麻酔で知らない間に終わっているのかと思った・・・
ちゃんと、音や先生の声が聞こえて、よかったのかもしれない・・・
知らない間だったら、なにが起こったか分からず、流産したって実感がなくて受け入れられなかったかもしれない・・・

10分で手術が終わった・・・すべて終わった・・・

ちゃんと、おなかの中で育ててあげられなかった・・・ごめんなさい・・・しか言えなくて・・・

歩いて病室まで帰ったら、旦那さんがビックリしていた・・・
麻酔が効いて、寝てるまま運ばれてくると思っていたらしい。

おなかの張りもなくて、「あぁ・・・いないんだ」って改めて思った・・・

旦那さんに帰ってもらって、私は点滴をずっとしてた・・・

旦那さんが再び来てくれた。
先生と話をした・・・注意事項と今後のこと。
次の妊娠は、2カ月くらい待ったほうが子宮のためにいいらしい。

薬をもらった・・・子宮収縮剤・抗生物質・痛み止め・・・

旦那さんの運転する車で、車酔い・・・車酔いっていうより、意識がなくなるような・・・
足が地に着いてない感覚で、吐きそうでどうしようもなかった・・・

当分、仕事を休めって旦那さんに言われた・・・
旦那さんは次の日の早朝から千葉県に出張研修だった・・・一週間・・・長い・・・

一人は心細かった・・・でも、どんだけ泣いてもよかった・・・
旦那さんの前では泣いちゃダメだから・・・

手術をして三日目に仕事に行った・・・旦那さんもいないし、仕事に行ってるほうが忘れられるんじゃないかと思った・・・

仕事がら、赤ちゃんを連れたお母さんと話をすることもある・・・見るだけで涙が出た・・・
お客さんからは、私の妊娠を楽しみにしてくれて、体にいいものをたくさんいただいてた。
お客さんは、一緒に泣いてくれた・・・ありがたかった・・・

だから、私は元気にならなくちゃって思った・・・

一週間は、旦那さんの枕を抱いて寝てたから、涙がシミになってしまった・・・
よだれじゃないよって旦那さんに訴えたけど・・・疑われてた・・・(笑)

それから、今まで休まず不妊治療してます・・・もう過ぐ一年がこようとしてます・・・

2010年10月18日 (月)

流産????

21.10.24

朝一で病院へ・・・

やっぱり流産だった・・・・・けど、覚悟が出来てたから泣くこともなく、
ただ、受け入れるしかなくって(ノ_-。)

染色体異常って言われた・・・

15%・・8人に一人は流産の可能性があるらしく、今回はそこに入ってしまったって。

今日は、旦那さんも一緒・・・だから、余計に泣いちゃダメって頑張れたのカモ。

旦那さんが「偶然なんですね」って先生に言ったら、
先生は「必然です」と。

・・・・・私は、8人に7人は無事妊娠するってことじゃんって思ったけど、仕方ないよね。

10/26に手術が決まった・・・それまで、流産しないように薬をもらった。

妊娠したこともピンときてないくらいだったけど、流産ってこともピンとこなかった・・・

旦那さんは、「頑張ろう」って言ってくれる・・・「泣くな」って言う・・・
今は、頑張るっていう気持を失くしたみたい・・・

赤ちゃんは忘れ物をしたんだと誰かが言ってた・・・
誰だろう・・・・随分昔でわかんないけど・・・
私に似て、おっちょこちょいなんだよね・・・きっと。

私の体はまだ、妊娠中・・・・・

2010年10月15日 (金)

悲しい宣告

2010.10.21

今日は、赤ちゃんの袋を確認する日・・・ワクワクしながら診察室へ。

内診を済ませ、いつも通り先生の前にちょこんと座った。

先生からの第一声は・・・

「袋が見えないんよ・・・今回は流産の可能性が高いねぇ~・・・」

『ん????・・・・・』

先生の言ってることがよく分からなかった・・・・。

「もう一度、明々後日診てみるけど、8割・・・9割がた流産でしょう」

『えっ・・・・』

あんまりピンとこなくて、うっすらとだけ涙が浮かんだ・・・。

その時、7週3日・・・心動があってもいいくらいの時期なのに。

妊娠された方の15%くらいは初期流産になるらしい。

すごい心待ちにしてて、夢ばかり膨らんで・・・『パン!!!』てはじけ飛んだ・・・。

旦那さんは、私からのメールの書き方を見て、何かあったと察知していた。

「次、頑張ればいいじゃない!!!」

私には、その言葉を素直に受け入れられるほどの余裕はありませんでした・・・

『もしかしたら、次に診てもらった時には元気な赤ちゃんがいるかも・・・』

そんな風にしか考えられなかった・・・・

一年経った今でも、あの時のことを思い出すと辛い・・・
ただ、今は、そんな自分とキチンと向き合っていたくて・・・

私的には、かなりの前向きな感じですよcoldsweats01

2010年10月13日 (水)

やった~

2009.10.1

検査薬で陽性反応が出たので、病院に行ったら、
早すぎて、な~んにも見えなかった・・・(´・ω・`)ショボーン

2009.10.8

一週間後、病院に行って確認chick

袋発見!!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

先生からは、「必ず産まれるわけじゃないですよ」って言われた。

私的に、妊娠したんじゃないのぉ~って思ったけど、いろいろ調べたら
なるほど~・・・知らんかった・・・

第一に、「赤ちゃんが入る袋ができる」
第二に、「赤ちゃんが入る」
第三に、「心拍を確認」

ここで、初めておめでとうって言ってもらえるんだって。

超音波の写真をもらいました。

2011_2 

○のところが、赤ちゃんの袋デス(≧∇≦)

この後から、悪阻らしき吐き気が始まり、
会社も遅刻・早退・有休を繰り返し、一人だけ、着実に有休休暇を消化することとなりました(u_u。)

この時は、嬉しすぎて「必ず産まれてくるわけじゃない」の意味がわかってなかった・・・

2010年10月10日 (日)

一年三ヶ月後

不妊治療を始めて一年三カ月経った、2009年9月26日!!!

待ちに待った陽性反応(v^ー゜)ヤッタネ!!

Grp_0001

この時の私は、基礎体温とにらめっこしながら、「高温期長くない??・・・まさか・・・」
半信半疑で検査薬を試したわけですshine

検査薬は陰性??って思うほど、反応が遅く、しばらく置いていたらゆ~っくりと出てきた感じcoldsweats01
高温期が長いって言っても、三日ほど・・・フライング気味の確認で、反応弱しsweat02
・・・だって~・・・仕方ないやんsmile

旦那さんに早速報告「できたかも・・・赤ちゃん」
「・・・・・・・・病院でハッキリ診てもらったらじゃね」

検査薬もなかなか見てもらえず、喜んでもらえてなくてショックだったのを覚えてる・・・

後日、旦那さんに聞いてみると、実感がわかないことからきた、とっさの一言だったらしい・・・

2010年10月 9日 (土)

タイミング法

二年間粘ってタイミング法を試してきました・・・。

私の場合、結婚前から、生理不順ってことで産婦人科にお世話になってて、
結婚を機に不妊治療を開始したわけですhospital・・・

なので、通院歴はかなりのもので・・・(^-^;

まずは、クロミッドを生理五日目から服用し、内診を繰り返しながら卵ちゃんの観察chick

これを、三周期ほど繰り返し、血液検査をしたところ、黄体ホルモンが弱い??
ってことで、排卵をしたのを確認したら黄体ホルモンを補充することとなりました。

この頃は、「ちょっとしたらできるだろう」・・・な~んて甘く考えてたなぁ~┐(´д`)┌ヤレヤレ